ご自身が亡くなったあと、お葬式を安心して行うために「エンディングノート」と「事前見積」の重要性を説明させていただきました。

ここから先は喪主が、故人様からいただいた「ご希望」に沿って安心してお葬式をするための流れをお話させていただきます。

ご臨終。現在このご臨終を迎える場所の約80%は病院および介護施設と言われています。

そのほか、自宅や外出先で亡くなる方もいますが、最終的にお医者様の死亡診断後、ご臨終となります。

経験がある方はご存知かもしれませんが、病院で亡くなった場合、すぐにご遺体の搬送を求められます。ゆっくり哀しんでいる時間はほとんどありません。

そして、法律上一般の自動車ではご遺体の搬送はできません。そのため病院からはすぐに葬儀社に連絡を取るように勧められます。

事前準備をしていない場合、その短時間の間に葬儀社を決めなければなりません。病院には近隣の葬儀社のリストがあり、葬儀社を決めていない方はその中から決める方がほとんどです。その葬儀社の施設や料金プラン、内容もわからない状況の中で…

短時間かつ冷静な判断ができない状況の中で葬儀社を決めるので、あとから後悔する方が多いのだと私は思います。逆に依頼する葬儀社、会館、プラン内容、予算などを事前にきちんと調べて、納得する内容で喪主にきちんと伝えることができれば、後悔する確率はずっと低くなると思います。

事前見積を用意していれば、喪主は故人様より伝えられた葬儀社に電話をしてお迎えを頼むだけでよいのです。葬儀社は準備が整い次第迎えに来てくれます。そして自宅もしくは葬儀会館など喪主様の希望の場所に搬送してくれます。

搬送後は、事前準備の内容の通りに、宗教者への連絡、通夜・告別式の日時の決定、参列者の方々への連絡、プラン内容の詳細の確認などほとんどのことを葬儀社の担当の方が手伝ってくれます。

中でも手続きの面倒な、死亡届の提出や火葬許可の申請などの葬儀プランの一式に含まれているところがほとんどですが、念のため事前見積の際に、ご確認ください。

日本の法律では亡くなったあと、24時間以内の火葬は禁止されています。亡くなった時間が昼から午前中であれば、その日の通夜、翌日の告別式が可能です。参列される親戚様達のご都合も併せて、葬儀社の担当の方と通夜・告別式の最適な日時をお決めください。スケジュールがタイトな場合は無理に亡くなった当日に通夜をする必要はないと思いますが、ご遺体の搬送先に葬儀社の会館をお選びになった場合、日数が伸びるとホール使用料金が発生する場合がありますので、詳しくは葬儀社にご確認ください。

通夜の日時が決まり、参列者の方々への連絡が終われば喪主の仕事はひと段落です。通夜終了後は、故人様との最期の夜になります。あまりお休みできないことが予想されます。通夜までの時間は少しお身体を大事にしてください。

通夜は一般的に18時から19時くらいの開式です。開式の1時間くらい前には喪主様は受付に立ち、参列者の方々にご挨拶をしてください。開式の30分くらい前には宗教者(お寺様など)も来られますので、その際もご挨拶をしてください。これらの一連の流れについても、基本的には葬儀社の担当の方が都度説明してくれます。

通夜においても進行は葬儀社の担当者がしてくれます。多くの場合、通夜終了後に、喪主様から参列者の方々に簡単なご挨拶があります。言葉は自由で構いませんが、「本日、通夜に来ていただいたお礼」「皆様のおかげで無事に通夜式が終了したお礼」そして「故人様に対する気持ち」と「明日の告別式の案内」この4点をお伝えいただければ通夜は終わりになります。